2013年7月29日月曜日

悲しきアンパンマン列車スタンプラリー

先日行った四国旅行での話です。

JR四国は家族連れの乗客を増やそうと、作者やなせたかしさんゆかりの高知県を中心にアンパンマンに関連した施策を行っているのは有名な話です。
その施策の中に、『アンパンマン列車スタンプラリー』というのがありまして、おそらくJRに乗ってスタンプをいっぱい集めてもらおう!てな趣旨なんでしょう。
しかしJR四国はその一方でパークアンドライドを推進していることから、悲劇が起こります・・・。

土佐山田駅でアンパンマンバスを待っていると、一台の小型車が駅前駐車場に止まります。車内からママと女の子が出てくると、停泊していたアンパンマンバスで記念撮影。
記念撮影を親子でしていると、今度は運転席のパパがスタンプ台を3冊もって駅の中へ・・・。
すぐに車に戻ったパパと記念撮影が終わったママと女の子、そのまま車に乗って東の方へ向かっていきました。
おそらくアンパンマンミュージアムへ向かったのでしょう。


JR四国  。・゚・(ノД`)・゚・。


2013年7月22日月曜日

ラリー Ⅹ(分)

  • 冒頭10分のリエゾンは少し早い気がするが、障害になる対向を避けるため早めの設定
  • 対向に遭遇したらほぼ一からやり直しまでどちらかがバック
  • 公道とはいえ獣道にアスファルトを引いただけなので、リスからサルからイノシシから鹿まで遭遇するのは当たり前
  • あまりの過酷さに拡張された部分もあるがそれでも車両は一台がやっと
  • 沿道の客である若い子やお年寄りの期待に応えないといけない
  • 過酷な自然環境。落石崩落、冬になると積雪がひどい。そのたび地元のクルーが復旧に当たる
どこのラリーですかと思いましたが、 四国交通漆川線で運転手さんから聞いた苦労話のことでした(^^;)
なんでも山道の自転車通学は、狭くて坂が多いので危険ということで禁止。ゆえにバスの需要があるとか・・・。
この四国交通バスの狭隘路線を難なくこなす、運転手さんのプロの仕事っぷりはすごいと思います。


2013年7月17日水曜日

JR四国バス 久万高原線 落出バス停についてメモ

2013年7月の三連休を使って、JR四国バスの路線バス2線の乗車体験してきました。

うち久万高原線は、高知側から黒岩観光の乗車困難路線を使って、愛媛県は旧柳谷村にある落出バス停より乗ったのですが、他の方のレポートからいろいろ変わっているところがあるのでご報告。

まず補給源ですが、不定休のよろず屋がバス停南側に1件あるくらいです。コカコーラの自動販売機が横にあるので水分補給は何とかなるかな~、と。

バスの停車位置の変更に注意です。
古い乗車体験ブログを見ると旧落出大橋で黒岩観光・JR四国バスの乗り継ぎができる事になっていますが、地元の人の話ですと崩落の危険があるということで、橋上での待機は禁止になり進入防止のゴム製ポールが建てられたのこと。
よって現在では黒岩観光のバスは国道33号を北上して回転、JRバスは旧・落出大橋東岸の道にバックで進入して方向転換しています。
落出バス停の建屋とその向かいに、時間寸前で入線し乗車後すぐに発車しますので、時間が来たらバス停前で待っておきましょう。

夏の日中、暑さをしのぐ方法ですが落出駅バス停建屋の畳部屋にはエアコンがあり、きちんと電源オンオフしてくれたら使ってもいいよ、と地元の人からの案内がありました。
自動販売機の飲み物とエアコン畳部屋のおかげで、長時間のバス待ちも苦にならずにすむのですが、地元の人が大事に使っている施設なので、使うときはエアコンの切り忘れは気をつけましょう。

バス停から徒歩3分ほど少し南に行ったところにある、久万高原町役場柳谷支所と創造の館こかげがありますが、向かいの小川のせせらぎと滝はマイナスイオン出まくりーな、いい感じですのでそこで佇むのもおすすめです(^o^)

2013年7月11日木曜日

みなと観光バス(神戸)について備忘録

海も山も楽しめる神戸市南北縦断路線として、乗ってて楽しいみなと観光バス21系統の桜森町便について、乗車時に気付いたことをメモとして残しておきます。
この路線、もともと日本交通との共同運行シャトルバス「サブローバス」がベースということもあって、三ノ宮・新神戸バス停で料金支払い方法が変わります。

つまり

 六甲アイランド~三ノ宮・新神戸:前乗り前降り(トップドア形式)後払い

 新神戸・三ノ宮山手~筑紫が丘・桜森町バスターミナル:前乗り前降り(トップドア形式)前払い

共同運行区間は後払い、みなと観光バス単独区間は前払いになるわけですね(^^)

じゃあ乗り通す人はどうすればいいのか?
念のため乗車時に行き先を伝えて運転士さんに確認した方が良いと思います。
筆者の場合は途中の新神戸で全額精算しましたが、座席位置によっては乗車時に精算した方がいいかもしれません(そもそも乗り通す奇特な人はバスヲタクしか現状いないでしょうし・・・)。

しかし別系統の夙川 ・芦屋線は整理券方式の前乗り前降り(トップドア形式)後払いでしたので、会社として統一してほしいなあ、と思ったりなんかします(^^;)

ちなみにこの路線、筑紫が丘をテリトリーとする阪急バス・北神急行・神戸電鉄の阪急グループを敵に回した都市ターミナルフィーダー輸送な路線で、かつ2013年現在造成中の桜森町地区へのバス停先行設置な訳で、大阪急グループはこのまま何もせず注視し続けるのか注目の路線です。

あ、都市ターミナルフィーダー輸送といえば神姫バスがこの辺りでは有名でしたね。どこかで撮影を考えなければ・・・

2013年7月2日火曜日

DSC-WX200で動画撮影~その2

まず最初に警告ですが、この記事の内容をまねして機器が破損しても、当方は責任とれません。あくまで一例の紹介です。
またコメント等での質問にもお答えできません。
自己責任でお願いします。


動画撮影用携帯カメラとして、SONY CyberShot DSC-WX200を買ったものの、カメラから外部給電を使った撮影は標準状態では対応しない警告が出て困ったことになりました。

が、SONY製品を長年愛用する筆者は、USB給電のSONY製品に共通するひとつの特徴に着目していました。

「USBをゴニョゴニョすればいいんじゃない?」

さっそく心当たりのあるアイテムを購入し、そのUSBをゴニョゴニョする秘密兵器を手に入れたのです。



外付けバッテリーやACアダプタをPS Vita用とし...


これ、もともと携帯ゲーム機PS VitaがUSB信号線(D+,D-)のショート状態でないとUSB給電を受け付けないという、困った状態を回避するためのアダプターなのです。
ちなみにこのUSB給電機能の制限、メインで使っている携帯Xperiaシリーズでも体験済みなので、CyberShotシリーズも当てはまるのでは?と思った次第。
まあひとつの賭けなんですけどね(^^;)

こいつを市販のUSB-ACアダプタに接続して

DSC-WX200に接続してみると・・・
















今度はばっちり!



外部給電だけで撮影状態に移行することが出来ました。

















これで出張先でもシャッターチャンスを逃すことなく動画が撮影できるようになりました。

メインはあくまで一眼ですが、ちょっと外出でも撮影できるようになったので、動画の公開が捗りそうです。



ちなみにこれが撮影のサンプル。お手軽な割にいい感じだと思いません?