2013年5月28日火曜日

奈良交通 八木新宮特急バス 乗車についてのメモ

早朝6時前からの撮影で、まあしんどいと言えばしんどかったですが乗車で気になったことのメモです。

1,奈良交通のICカードCI-CAについて
 ICカードで精算は可能、ってのは当然なのですが、お得にチャージ精算できるひまわり精算については注意が必要です。
なんでも新宮~土河屋の間は熊野交通バスと共同運行扱いになっていて(熊野交通が各停の奈良交通が特急)、曜日・時間内でもひまわり精算対象外区域になるそうです。
じゃあこの区間だけ普通で残り区間ひまわりにしたら、と思うのですがそれだと下車・再乗車扱いになって割高になるとのことです。
通しで乗るならCI-CAに5000円チャージの普通割り増し500円で、運賃5250円精算が一番お得のようですね。

2,休憩時間のすごしかた
とりあえず足が元気ならバス停周囲を歩き回りましょう。長時間座るのですからけっこうむくみます。
上野地で谷瀬の吊り橋は定番ですが、十津川温泉バス停前の沸き湯で手洗いミニ温泉もありです。

3,食料・水分補給
途中休憩のバス停3カ所は飲料自動販売機があるので水分は安心です。当然トイレも大丈夫です。
食料は・・・開いてれば谷瀬の吊り橋横のみやげ物屋でがんばって選んで下さい。
ターミナルだから当然ですが、八木駅も新宮駅も歩いて5分圏内にスーパー・コンビニはあるのでそこで事前準備するのが間違いないです。

つぎは途中下車で温泉に浸かりながら乗りたいなぁ・・・